フットサル

トラップでボールを動かす

効率的なかわし方を身につけよう

トラップでボールを動かすことは、フットサルの基本の一つだ。スペインでは「コントロール・オリエンタード」と呼ばれ、数学における足し算や掛け算に例えられる。つまり、それぐらい当たり前の技術なのだが、日本ではトラップでボールを動かす習慣がついて いる選手は少ない。トラップでボールを足下に止めてしまうと、相手に寄せる時間を与えることになる。突破をするときも、ボールを止めてからフェイントをかけるので時間がかかる。しかし、トラップでボールを動かせば、相手の動きの逆を突いてかわすので余計なフェイントは必要ない。「コントロール・オリエンタード」が、実に効率的なかわし方だということがわかるだろう。

トラップの位置をずうし、プレスをかわす

ポイントは味方のパスを待つのではなく、自分から一歩迎えに行って、そのままボールを動かしながらコントロールすること。相手はボールを受けたところにプレスをかけようとおもっているので、コントロール・トラップの位置をずらすことで、プレスを受けづらくなるのだ。

相手が中から寄せてきたら、ボールを引きつけてから、足の裏で止めてまたぐように釆り越えて、縦方向に動かす。これはスペインで、「コントロール・オリエンタード・フェイク」と呼ばれるプレーだ。この2つを使いこなせれば大きな武器になる。

CHECK1 コントロール・オリエンタード

パスに対して、自分から一歩寄って、そのままトラップでボールを動かす。ボールの受ける位置をすらし、プレスを受けづうくする。

CHECK2 コントロール・オリエンタード・フェイク

相手が中から寄せてきたときや、中にボールを動かすのを読んできたときは、足下にピタッと止めて、素早く縦方向に運んでかわす。

フットサル大会を神奈川でやるならヴァンクールスポーツで