トラップの種類

相手から遠ざかってコントロール

トラップでボールを動かし、相手をかわすプレーは有効とはいえ、常に狙えばよいというわけではない。相手のプレスの強さや、自分がボールを受けるときの体勢、ボールの種類など、状況に応じた背後から寄せてきたときラップの仕方を覚えよう。

相手を背負った状態でボールを受けるとき、1発で相手をかわそうとするのはリスクが大きい。背後から激しく寄せてきたら、前を向くのではなく、相手から遠ざかるようにボールコントロールしたほうがよい。足の裏でボールを自陣方向に動かし、相手のプレッシャーをまともに食らわないようにしてキープする。

ピタッとボールを止める

完全にボールを止めるケースもある。スペインでは、これを「浮き球のパスガラダと呼ぶ。相手の寄せがないときや、味方にパスをつなぎたいときは、しっかりとポールを止めたほうがいい。

また、「セミ・パラダ」というトラップ技術もある。浮き球をトラップするとき、胸やモモなど足以外の場所でクッションを和らげて、足下に落として次のプレーへと移行することだ。

トラップという一つのプレーだけで、これだけの呼び名があることからもわかるように、スペインではフットサルをする上でトラップの重要性が非常に高い。さまざまなトラップ技術をマスターして試合で活用してほしい。

CHECK1   背後から寄せてきたとき

相手が背後から厳しく寄せてきているときは、トラップでボールを自陣方向に動かし、相手から遠ざけながら確実にキープする。

CHECK2   浮き球のパスがきたとき浮き球のボールがきたときは、胸やヒザなど柔らかい場所を使ってコントロールしてから、足下に落として次のプレーに移行する。