チャンスを作り出す

1対1を仕掛けるエリア

相手をかわしにいく「突破のドリブル」は基本的には自陣で、はやらないほうがいい。もしも自分のゴールに近い位世で仕掛けて奪われたら、失点に直結するからだ。「突破のドリブル」を使うのは相手陣内、特にサイドの高い位世は積極的に1対1を仕掛ける乞辺議護法え。ただし、サイドいっても中央近くだとカバーがいるので、サイドラインから4-6メートルぐらいまでの怖を目安にしよう。ドリブルが得意な選手がいる場合は、例外的に白陣や中央でも仕掛けてもいい。相手のプレスをドリフールで、かわせれば、数的優位ができるので、大きなチャンスが生まれる。

相手の弱点を突いていく

“相手のデイフェンスを見る”ことも、「突破のドリブル」の活用術の一つだ。守備が得意な選手のサイドから攻めるよりも、苦手な選手のところから位掛けたほうが、突破できる確述は高くなる。

チーム内にドリプルが得意な選手がいるなら、わざと相手の守備が苦手な選手のサイドにぶつけて、意図的にボールを多く回して攻めていくのも有効な手段だ。ドリブルの技術を磨くのはもちろんのこと、どこで、いつ、誰に仕掛けるかといったことまで考えらえるようになれば、攻撃力が一気にアップするはずだ。

CHECK1    1対1ゾージでのドリブル

突破のドリフルを仕掛けるのは、サイドラインから4~6メートルぐらいのサイドのエリア。原則、自陣ではやらないほうがいい。

CHECK2    弱いサイドを突くドリブル

相手のディフェンスを見て、1対1に強い選手との勝負は避けて、弱い選手にドリブルの得意な選手をぶつけて積極的に仕掛ける。